検索

AVEDAブログ ホリデーについて

最終更新: 2019年11月17日

#AVEDA #aveda #アヴェダ #avedaホリデー #ホリデー



こんにちはALPHA SALIDAの外谷です。


サリダでは11月6日から12月25日までアヴェダ「ホリデーギフト」を行っています。



ホリデーギフトとはアヴェダが毎年11月〜年末にかけて行うチャリティーギフトです。

今回はホリデーギフトに使用する「ロクタ紙」のバックストーリーを紹介いたします。


ホリデーのギフトバック、ギフトボックスに使われる紙があります。

普通の紙ではなくネパールの人々が12世紀から今日まで作り続けている伝統的な紙「ロクタ紙」です。

「ロクタ紙」はロクタの木の皮から手漉きで生産されます。

成木の繊維がとても強いので、破れにくく長持ちし、布のように染色することが可能です。

手触りは柔らかいですが薄さの割にかなり丈夫です。


100%自然素材の、科学物質を使わない数少ない安全な紙で防虫効果も高く、

現在では家具や建築にも使用されています。

その特性を生かしてネパールでは1000年以上も前から、ヒンズー教や仏教の経典に使われるなど重宝されています。


ネパールの首都はカトマンズです。

世界遺産にも指定されており観光都市になっています。

自然が多い国でヒマラヤ山脈の登山口にもなっています。


農業が主な産業になっていますが、カトマンズやヒマラヤ観光などの観光業も盛んです。

ただ、ネパールでは38万人が出稼ぎに出ておりその送金額がGDPの23%に相当するそうです。

地方の女性は古くからある差別により自立して生計立てることが困難です。

またネパールでは子供の労働も現実問題です。家庭が貧困の状態にあるため子供が働かざるを得ないのです。


アヴェダでは2007年からネパールとパートナーシップを結んでいます。

このパートナーシップによりネパールでの雇用機会が生まれ出稼ぎではなく地元故郷で働くことができ5500名の雇用を生み出しています。

また、4490名の女性の生計を支え、5885名の子供達を学校に通わせることができています。

ロクタの木を守りる活動や森林、野生動物の保護活動もしており42000エーカーの森林保全をしています。


AVEDAでは商品を作り出すだけではなくチャリティー活動や自然保護活動をしています。

ALPHA SALIDAでもその理念と哲学に共感し応援していきます。




今年はヘアケア商品だけでなくお客様、スタッフからのご要望の多かったボディケアギフト、

サリダスタッフがもご用意いたしました。


今回のギフトにはホリデーサービスとしまして「シャンピュア」のアロマのハンドクリームがついてきます。

ギフトは数量限定になりますのでご興味のある方は早めのご来店お待ちしております。






35回の閲覧

©2020  ALPHA SALIDA